So-net無料ブログ作成
検索選択

<口蹄疫>半径10キロ以内を殺処分に 政府検討(毎日新聞)

 宮崎県で猛威をふるう家畜伝染病の口蹄疫(こうていえき)について、政府は19日、都農町や川南町、高鍋町、新富町の4町の発生農家から半径10キロ以内の全家畜にワクチンを打ったうえで殺処分し、半径10キロを超える範囲の家畜についても何らかの補償措置を行う方向で検討を始めた。4町では感染の拡大が続き、殺処分の時間を稼ぐために感染拡大のスピードを抑える必要があると判断した。

 農林水産省によると、口蹄疫に感染した家畜や感染した疑いが強い家畜の殺処分対象頭数は約11万8000頭(19日朝現在)だが、処分が終わったのは約6万頭にとどまっている。殺処分までの間も家畜からはウイルスが排出され続けるうえ、今回の口蹄疫は感染力が強い。

 このため、4町については、10キロ以内の家畜にワクチンを接種して感染拡大のスピードを抑えるとともに、最終的にはすべて殺処分して拡大を防ぐ必要があると判断した。口蹄疫対策でワクチンが国内で使われるのは初めてとなる。

 流行しているO型ウイルスのワクチンは現在、70万頭分の備蓄がる。10キロ以内の全家畜に接種が決まれば、新たに牛や豚10万頭程度が対象になる見込みという。

 ワクチン使用で感染を完全に防げるわけではないが、感染した場合でも家畜からのウイルス排出量を抑制できるメリットがある。拡大のスピードが遅くなるため、同時に殺処分の必要な頭数が減り、殺処分の時間を稼ぐことができる。【佐藤浩、神足俊輔、樋岡徹也】

【関連ニュース
口蹄疫:鳩山首相「責任追及より感染防止が先」
口蹄疫:家畜損失補償、特別交付税で 原口総務相
口蹄疫:東国原知事、宮崎県内に非常事態宣言
口蹄疫:初動対応「問題ない」 赤松農相
口蹄疫:「全頭処分」も検討 平野官房長官

<漁船転覆>1人救出、1人不明 大分(毎日新聞)
高齢男性の独り暮らし急増、孤立化の懸念も(読売新聞)
岡田氏、ヘリ近接に懸念 外相会談、中国は非難「行き過ぎ」(産経新聞)
羽田エアポート快特 石原都知事「止まらなくてもいい」(レスポンス)
<虐待>床にたたき付けられた1歳児死亡 静岡(毎日新聞)

民家火災、独居72歳?死亡 神戸・垂水(産経新聞)

 11日午前4時15分ごろ、神戸市垂水区福田の無職、佐藤英志さん(72)方から出火。木造2階建ての延べ約100メートルを全焼し、焼け跡の1階部分から、男性とみられる遺体が見つかった。佐藤さんとは連絡が取れておらず、垂水署は死亡したのは佐藤さんの可能性が高いとみて、身元の確認を急いでいる。

 同署によると、佐藤さんは1人暮らし。歩くことはできるものの、腰が悪かったという。また、佐藤さん宅に隣接する民家2棟の壁などが一部燃え、住民の男女2人が煙を吸うなどして手当てを受けた。

 現場は、山陽電鉄滝の茶屋駅から北1.7キロの住宅密集地。

【関連記事】
炎上車両と自宅に家族3人の遺体 心中か 
アパート火災 女性1人死亡 千葉・市原
健康ランド火災で1200人避難 4人軽傷 静岡
マンション火災で男性死亡 堺市、消防隊員もやけど
横浜で団地火災、2人死亡 車いすの妻と夫か
少子化を止めろ!

14歳少女の心移植成功=渡米の寺町沙也さん(時事通信)
鳩山首相、4日沖縄入り=移設案提示へ北沢防衛相らと協議−普天間(時事通信)
<GW>成田で帰国ラッシュ ピークは5日、5万人の予定(毎日新聞)
「首相辞めそうもない」=渡辺喜氏(時事通信)
<掘り出しニュース>鳥写真コンテスト「B−1グランプリ」に待った!(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。